airbnb投資で成功する為の基礎知識|民泊ビジネスで利益を得る

民泊ビジネスの基礎知識

マンション

民泊ビジネスとして新たな不動産投資を行えるのが、airbnbを活用した方法です。これは海外からの旅行客が宿泊する場として、民間のアパートやマンションを利用するというものです。海外のマッチングサービスとなるairbnbに登録すれば、旅行者からの問い合わせを受けたり、予約を入れてもらうことができます。民泊による宿泊代は一般の賃貸による家賃よりも利回りが高いのが特徴です。そのために民泊ビジネスのために不動産を購入するという、新たな投資法が広がっています。その利点は、一般の賃貸物件としては借り手の需要がないために、安く放置されている物件を購入できることが挙げられます。毎日生活をするわけではないので、多少不便な場所でも宿泊施設としては問題ありません。むしろ日本らしさを感じさせる物件であれば、たとえ不便な立地でも海外旅行客には人気があります。安く物件を購入して高い利回りで宿泊代を得られることが、airbnbを利用した民泊ビジネスの魅力です。そしてこの投資を手助けする代行業者も増えています。元々はairbnbとのやり取りを代わりに行う業務である代行業者が、民泊としてより魅力を出せるようなインテリアの提案などを行なっているのです。さらには投資用の物件選びもサポートしていることから、単純に観光客を仲介するだけではなく、トータルサポートを行うようになっているわけです。室内の清掃や鍵の受け渡しも行うので遠く離れた地域からでも投資としての魅力ある物件を購入できるようになっています。

男女

経営を円滑に行う手段

不動産投資をするときには賃貸管理を自分で行うこともありますが、業者に業務を任せることによって品質向上を期待できます。自分で管理をするよりも住人が満足してくれて利益が大きくなる場合もあるので委託を検討しましょう。

お金

不動産会社に物件を賃貸

サブリース契約は不動産管理会社と契約をして、賃貸をするときに経営を許可するという形を取ります。一切の管理を任せることができて経営負担が小さいのが特徴です。会社によって賃料や契約期間などが異なるので比較すると良いでしょう。

模型

投資を開始する後押し

投資を開始する際に不安になりやすいのがローンの返済の必要性ですが、一括借り上げによって解決できます。投資物件を業者に一括して貸すことになるため、その契約が維持される限りは収入が継続的に得られるからです。